ゴルフの第50回タイムス杯争奪全沖縄選手権兼第32回全国都道府県対抗アマチュア選手権PRGR CUP県予選(主催・沖縄タイムス社)第2日は6日、糸満市のパームヒルズゴルフリゾートクラブ(パー72)で予選ラウンドが行われ、一般の部(6934ヤード)は首位で出た平安名康史(ロイヤル)が2バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの74で回り、通算3オーバーで初日からの首位を守った。5打差の2位に玉城元気(宜野座高2年)がつけた。

一般の部 13番でティーショットを放つ平安名康史(ロイヤル)=パームヒルズゴルフリゾートクラブ(金城健太撮影)

 60歳以上のミッドシニアの部(6693ヤード)は砂邊松福(沖縄CC)、伊藤保(パーム)、辺土名求(沖縄国際)の3人が8オーバーの80で並んだ。

 レディース25歳以上のBフライト(6258ヤード)は大井幸子(沖縄CC)が85で単独首位に立った。

 一般73人、ミッドシニア20人、レディースB13人が、最終日8日の決勝ラウンドに進んだ。