3回、捨て身のラッシュを仕掛けた。 ポイントでリードされていた平仲信裕(南部農林)は、細野恭兵(北海道・札幌工)の強打を恐れず、左右の豪腕を振り回した。ダウン一度目は右。2度目は「何が当たったか分からない」一発でふらつかせ、逆転TKOで決勝切符をもぎとった。