男子個人は興南3年の仲村優一が準決勝で4射皆中の勝負強さをみせ、決勝進出を決めた。予選は3射目を外すも、4射目を落ち着いて決めた。打ち急がないことを心掛け「とにかく焦らないようにした」。安定感をみせた。 準決勝は坐射で行われ、仲村の1射目は的ぎりぎりを貫いた。「ちょっと力んだ。