-辺野古移設が「最短の方法」と発言した。容認ではなく推進の立場か。 「埋立法は要件が整えば承認せざるをえない構造であり、ぜひお認めいただきたい。私が甘い採点をしたかというと、そうではない。ものすごく厳しい条件を何度もつけ、彼ら(国)は合格できる条件を整えてきた。