不動産業の日建ハウジング(那覇市、識名安信代表)が石垣市白保に石垣地区最大級のメガソーラーを建築、7月から稼働している。発電出力は2メガワットで売電事業も始めた。同社の売電事業は初。

日建ハウジングが建設した石垣市のメガソーラー(同社提供)

 敷地面積は1万9264平方メートルで総工費6億円を掛けて7704枚の太陽光パネルを設置。今年1月に着工した。

 発電量は年間238万7786キロワット時を予想、年間の売電収入は1億円を想定している。

 同社は、再生可能エネルギーの地産地消、離島観光のイメージアップなどを目的に売電事業に参入。石垣のメガソーラーの運用実績を見極め、事業の拡大を検討する。