豪腕が空を切った。ライトウエルター級決勝、平仲信裕(南部農林)のパワーは、世界ユース3位の鈴木稔弘(東京・駿台学園)に、いなされた。打ち終わりにカウンターを浴びてポイントを許し、判定負け。日本一には届かなかった。「一枚上だった」と、タオルで目頭をおさえがら、相手をたたえた平仲。