■男子興南 主将が皆中 男子団体戦に出場した興南は、20射12中で予選を突破した。 5番手の坂田拓海は4射皆中でチームに貢献。主将でもあり「ミスをした仲間の分もカバーできるようにと考えていた。落ち着いてできた」。初戦で緊張する場面だったが、しっかりと的を捉えた。