米軍普天間飛行場の5年以内の運用停止や沖縄の負担軽減策として、防衛省が打ち出したオスプレイの佐賀空港への暫定移駐は、米側の反応を理由に、訓練移転を優先させることになった。訓練移転と暫定移駐の両方を念頭に、小野寺五典防衛相が計画を発表してわずか2週間あまり。