サッカーJ3で10位のFC琉球は10日、沖縄市陸上競技場で12位のYSCC横浜と対戦し、1―1で引き分けた。琉球は、前半終了間際にMF青木翔大が倒されPKをもらい、自ら決めて先制点を奪った。後半は有利に試合を進めていたが、終了間際にPKを与えて失点。4試合ぶりの白星を逃した。

 次戦は24日、東京都町田市立陸上競技場で首位のFC町田ゼルビアと対戦する。