美東が第3代表決定戦で臼杵西(大分)を2-1の接戦で下し、全国切符を手にした。富川慎之助監督は「3年間『全国』を目標にやってきた。まだ野球ができる」と喜んだ。 勝負を決めた殊勲打は4番花城航志だ。0-1の4回表、四球で出た2番安里海を、3番河野哲平が送って1死二塁。「つないでくれた。打つしかない」。