県農林水産部は11日、台風11号による県内農水産物や施設などへの被害状況(速報第1報)をまとめた。被害総額は約2億4700万円。全て南北大東村でサトウキビが倒れたり、折れたりするなどの被害が確認された。内訳は南大東村で約1億7627万円、北大東村で約7073万円だった。

 同部によると、大東島など圏域ごとの集計を始めた2012年度以降、両村の被害額は今回が最大となった。これまでは12年の台風15号による約1億5千万円が最も高かった。