「沖縄の海兵隊の抑止力が不可欠だという説明がどれだけされているのか疑問だ。沖縄に存在することが抑止力というのは、まやかしではないか」 沖縄国際大学への米軍ヘリ墜落事故当時、普天間返還を担当する防衛施設庁長官だった山中昭栄は、在沖米海兵隊の存在意義について、長官退任直後から自問し続けている。