【宜野湾】2004年8月13日に沖縄国際大学へ米海兵隊のCH53D大型輸送ヘリコプターが墜落して13日で10年を迎えた。大学はキャンパス内で「普天間基地から沖縄を考える集い」を開き、大城保理事長・学長が「都市部のど真ん中にある普天間飛行場の危険性はますます増大している」として、普天間の即時閉鎖を求める声明を発表した。

ヘリ墜落の惨劇を繰り返すまいと、学内で開かれた集会=13日午後、宜野湾市・沖縄国際大学ポケットパーク

 佐喜真淳宜野湾市長も市役所で会見を開き、米軍普天間飛行場の早期返還を訴えた。

 普天間には2012年~13年にかけてMV22オスプレイが配備され、危険性はさらに高まっている。