全国総体メンバー4人が残る男子名護Aは、苦しみながらも3連覇した。 1勝同士で迎えた那覇西Aとの事実上の決勝は、1ペアずつ星を分け合って最後の金城涼也・新里加偉組が登場した。取って取られた後の第3ゲームは前後衛がかみ合ってストレートで奪って波に乗ったものの、マッチポイントを迎えてから突然の雨。