沖縄防衛局が、名護市のキャンプ・シュワブ沿岸の海上に、施工区域を明示するブイの設置を始めたことに対し、米軍普天間飛行場を抱える宜野湾市の佐喜真淳市長は「移設先については政府が責任を持って対応するべきだ」と、従来の見解を繰り返した。