政府が新基地建設に向けて名護市辺野古の海上にブイを設置した14日、県政野党に加えて与党の公明党県本部から「強引だ」「新基地は造らせない」と政府への批判や移設阻止の決意をさらに固める声が相次いだ。自民党県連は辺野古移設を容認する立場だが、移設は国の責任として海上作業着手の評価を控えた。