【名護】米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古への新基地建設で、海上保安庁は15日午前、現場海域で反対行動を取っていた市民3人を「安全指導」として、海域から強制排除した。漁港にえい航し、事情を聴いた。同庁はカヌーに乗った市民が制限水域内に近付いたため警告したが、聞き入れられなかったための措置と説明している。

 海域では沖縄防衛局の埋め立て工事区域を示すフロートの設置が続いている。