キャンプ・シュワブ沿岸の海底ボーリング調査で、沖縄防衛局は地質の状態を調べる掘削地点を21カ所から16カ所に減らし、当初予定していた単管足場を使用せず、2種類のスパット台船で対応することを決めた。単管足場に比べ、スパット台船は天候や阻止行動の影響を受けにくい。