フィジーの理学療法士の技術向上を図ろうと、沖縄県理学療法士協会(池城正浩会長)の支援プロジェクトが6月から約3年間の日程で始まっている。第1次の研修生5人は11日から県内の病院で実習を重ねており、15日に浦添市内で中間の成果発表があった。