【平安名純代・米国特約記者】米国務省のハーフ副報道官は14日の会見で、名護市辺野古の新基地建設に向けた海上工事着工について「進展を歓迎する」と述べ、「日米両政府が共有する在沖米軍再編の実現へ向けた重要な一歩だ」と評価した。