3年ぶり2度目の夏の甲子園となる高崎健康福祉大高崎(健大高崎、群馬)で、沖縄県出身の柴引良介(宮里中出)と金城廉(普天間中出)がベンチ入りしている。

健大高崎(群馬)でベンチ入りした県出身の柴引良介(右)と金城廉=尼崎市ベイコム球場

 青柳博文監督が「打撃がいい」と好評価の2年生の柴引は、昨夏の県大会からレギュラー入り。兄・佑真も昨年、沖縄尚学の中心選手として甲子園の土を踏んだ。13日の岩国(山口)戦には7番三塁で先発出場した。二回の甲子園初打席で二塁打を放ち、監督の起用に応えた。「憧れの場所で打ててうれしかった」と白い歯をこぼした。

 青柳監督から「スピードがある」と期待される金城は、1年生。硬式野球の北谷ボーイズの先輩・柴引に続き、同校に進んだ。県大会4試合に出場し、7打数2安打。さらに得意の足を生かして盗塁も決め、機動力を駆使するチームカラーを体現する選手として将来性が見込まれる。初戦は出場機会がなかったが、「出番が来たら積極的に振りにいって、長打を打ちたい」と気持ちを高める。

 健大高崎は18日の2回戦で利府(宮城)と対戦する。