【沖縄】第59回沖縄全島エイサーまつり(主催・同実行委員会)が15日、胡屋十字路周辺の道ジュネーで開幕した。沖縄市内の青年会16団体と浦添市西原、宜野湾市愛知区の青年会が出演し、力強い演舞で観客を沸かせた。

迫力ある演舞で沿道を沸かせた中の町青年会の道ジュネー=15日午後、沖縄市・胡屋十字路(松田興平撮影)

 出演団体は、中の町なか通りや国道330号を道ジュネー。ゲート通りには固定演舞会場も設置され、中の町子ども会や名桜大学のエイサーサークルなどのアトラクションもあった。

 家族で初めて訪れた西山哲平さん(34)=嘉手納町=は「ぴたりとそろった演技で、間近で見るとすごい迫力。来年は敷物を持参して来たい」と笑顔だった。

 全島エイサーまつりは17日まで。午後3時から、沖縄市コザ運動公園陸上競技場で開かれる。レーザーショーや打ち上げ花火のほか、同公園サブグラウンドでは、オリオンビアフェスト2014もある。