第96回全国高校野球選手権大会第7日は17日、甲子園球場で2回戦が行われ、第1試合で沖縄尚学が作新学院(栃木)に3―1で勝利し3回戦に進んだ。

作新学院―沖尚 1回裏沖尚2死、左超え本塁打を打ち、同点のホームを踏む西平大樹(右)=甲子園球場

 初回に本塁打で1点を先制された沖尚はその裏、3番西平大樹の左越え本塁打で同点に追いついた。四回には1死一、三塁で併殺崩れの間に三走西平が生還し、勝ち越しに成功。さらに六回1死三塁、4番安里健の遊ゴロで、三走中村将己が本塁を突いて点差を広げた。

 投げては先発の山城大智が14三振を奪って無四球完投し、2年連続で初戦を突破した。

 沖尚は大会第10日の20日、第2試合で二松学舎大付(東京)と3回戦を戦う。