ツアー参戦1年目の20歳、山城奈々が3日間アンダーで回り自己最高位の4位に食い込んだ。 最終日の優勝争いは2度目だったが、緊張や重圧を感じる余裕さえなかった。