米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古への新基地建設で、沖縄防衛局は17日、海底ボーリング調査に使用するスパット台船1隻を、辺野古崎北側の海上に設置した。18日以降、ボーリングマシンを取り付け、埋め立て工事の実施設計に必要な地盤の強度などを調べる掘削調査に着手する。2004年以降、市民らの海上抗議行動で中止に追い込まれて以来、初めて辺野古の海に杭(くい)を打ち込む作業が始まる。

辺野古沖の海上に設置された、海底ボーリング調査用の台船。奥は米軍キャンプ・シュワブ=17日午後、名護市で共同通信社ヘリから

 米軍キャンプ・シュワブ内の大浦湾に面した作業場では、午前8時ごろオレンジ色の台船が大型クレーン車でつるされ、浮桟橋の浅瀬に浮かべられた。午前8時半ごろから支柱の組み立て作業が始まり、午前中に4本が完成。午後には桟橋に近い海域に移動して固定され、午後6時半ごろ、作業が終了した。

 防衛局によると、台船3隻のほか、浅瀬の4カ所は小型台船で対応するよう計画を変更しており、今後も複数の台船を海上に設置する可能性もある。掘削地点は21カ所から16カ所に減らし、浅瀬9カ所で単管足場を使う予定だったが、「効率的な作業の実施」を目的に天候や阻止行動の影響を受けやすい単管足場の使用をやめ、全地点で台船を使用する計画に変更した。台船が設置できない5カ所はキャンプ・シュワブ内の陸域部分で代用する。

 同問題では1997年、海上ヘリポート計画の際にボーリング調査が実施された経緯がある。