17日午後1時すぎ、名護市の源河川が大雨により増水し、河口から約8キロ上流の中州でバーベキューをしていた家族連れ9人が取り残されたとの119番通報があった。駆け付けた消防隊員が13~18歳の5人を含む計9人全員を無事救助し、けが人はなかった。

 名護市消防本部によると、現場は雨により一時水深1・2メートルほどにまで増水した。消防隊員らが川岸と中州の木にロープをくくりつけ、全員ロープにつかまりながら川岸に上がったという。

 同消防が駆け付けた際は水深0・4~0・6メートルほどに引いていたが、現場にいた隊員によると「流れは速く、足を取られる状況だった」という。

 沖縄気象台によると、本島国頭では同日午後0時34分までの1時間に57・5ミリの激しい雨を観測していた。