米軍普天間飛行場返還問題をめぐり政府が名護市辺野古移設に向けた海上作業を本格化する中、沖縄タイムスは県議会議員45人を対象とした緊急アンケートを実施した。政府が、立ち入り禁止の「制限水域」を拡大したことや辺野古新基地建設への反対が6割に上るなど政府の強行姿勢を批判する考えが強い。