「琉球のライアン」がたくましくなって甲子園に戻ってきた。沖尚のエース山城大智が、14三振を奪う圧巻の投球で作新学院打線を最少失点に抑え、約5カ月ぶりの聖地のマウンドで躍動した。今大会屈指の本格派右腕は「一球一球の観衆の反応を楽しみながら投げられた」と表情を緩めた。