「沖尚のいだてん」中村将己が、自慢の俊足を生かした好走塁で貴重な追加点を奪い、チームの勝利を決定付けた。春の選抜大会に続いての先発出場を果たした2年生は「走塁で貢献したかったので、うれしい」と白い歯をこぼした。 選抜後、3年生渕上大蔵との激しいレギュラー争いの結果、県大会は先輩に定位置を譲った。