名護市辺野古への米軍新基地建設で、沖縄防衛局は18日午前11時過ぎ、キャンプ・シュワブ沖のボーリング調査を始めた。海上のスパット台船から海底にくいを打ち込んだ。砂浜ではボーリング調査に使う2隻目のスパット台船の組み立て作業も始めた。

スパット台船を使用し、ボーリング調査が始まった辺野古沿岸=18日午前11時20分ごろ、名護市辺野古

 一方、仲井真弘多知事は同日午前、作業の進行について「いちいち作業工程を私にどうですかと聞く趣旨が分からない。技術的なプロセス。(防衛局は)承認を求めてきた通り仕事を進めているんじゃないですか。全く答えられないテーマ」と話した。県庁で記者団に答えた。

 シュワブのゲート前では午前8時から市民が集まり、抗議集会を開いている。正午前には、辺野古基地建設に反対する「島ぐるみ会議」のメンバー約300人が激励に訪れる予定。