17日の夏の甲子園初戦で作新学院(栃木)を下した沖尚ナイン。18日の夕食前には、初戦突破を報じた沖縄タイムス紙面を食い入るように読み込み、勝利の余韻に浸った。

初戦突破を報じる新聞に目を通す沖縄尚学ナイン=18日、大阪市内の宿舎

 14三振を奪う好投を見せたエースの山城大智は、掲載された投球写真を見て「投げてる時の顔が少しゆがんでる」と苦笑い。「沖尚の夏2勝を意識し過ぎず、一戦一戦を大事に戦いたい」と気負いはない。

 追加点を呼び込む好走塁を見せた中村将己は「思ったよりいい滑りをしている」と写真を見つめて頬を緩めた。

 学校での応援の記事にじっと目を通した赤嶺謙主将。「初戦は打てなかったので、個人的に悔しい」と表情を引き締め、「学校で応援してくれる方々を喜ばせるプレーをしたい」と力を込めた。(花城克俊)