災害時に警報や避難勧告、避難所開設、停電、断水といった重要な情報を、いち早く多様な手段で住民に伝える新システムの準備を県と国が進めている。県と市町村、消防本部の情報交換が従来より格段に速くなる上、これらの情報が国のシステムを通じて即座にテレビやラジオ、携帯電話などの企業に送られ、住民に届く仕組みだ。