名護市辺野古沿岸のボーリング調査で、沖縄防衛局は18日、海底にくいを打ち込んだ。基地建設に反対する住民らは「海には、くいの1本も打たせない」と阻止行動を展開してきたが、防衛局は周到な準備で混乱をかわし、次のステージに移った。ただ、約160ヘクタールを埋め立てる海上作業は緒に就いたばかりだ。