【名護】米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は19日、辺野古崎の沖合に置いたボーリング調査用のスパット台船で新たに杭(くい)を海底に打ち込んだ。不発弾の有無を調べる鉛直探査とみられる。大浦湾側に置いた台船でも作業を続け、午後5時すぎまでに全ての作業を終えた。新たな台船の設置はなかった。

作業員によるボーリング調査の準備が続く辺野古崎近くに設置された2基目のスパット台船=19日午後3時15分ごろ、名護市辺野古(松田興平撮影)

 前日まで沖合に十数隻いた海上保安庁の巡視船はこの日、3隻が確認されたのみ。警備態勢を縮小したかどうかについて、第11管区海上保安本部は「答えられない」とした。キャンプ・シュワブのゲート前には、この日も抗議の市民が集まり、一時200人を超えた。資材搬入のトラック約10台が入ろうとするのに立ちはだかって阻止し、「海を埋めるな」と気勢を上げた。海上にもカヌーや船が出て、ボーリングに抗議した。