沖尚と対戦する二松学舎大付は18日、兵庫県西宮市の大阪ガスグラウンドで、沖尚対策の練習を行った。 時間を割いた打撃練習では、バッティングマシンや打撃投手を2メートルほど近づけ、沖尚のエース山城大智の伸びのある直球に対応する感覚を養った。市原勝人監督は「追い込まれたら打てない」と大会屈指の右腕を評価。