【名護】米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古への新基地建設で、沖縄防衛局は20日午前も海上での作業を続けている。辺野古崎の沖合に設置されたボーリング調査用のスパット台船で、杭(くい)が海底に打ち込まれている様子が確認された。

海底に杭を打ち込んだ2基目のスパット台船=20日午前9時半、名護市辺野古

 米軍キャンプ・シュワブのゲート前では、建設に反対する市民ら約60人が「埋め立て用の資材は絶対搬入させない」と、工事車両の積み荷を監視している。