オスプレイの配備撤回と普天間飛行場の閉鎖・県内移設断念を求める「沖縄建白書を実現し未来を拓(ひら)く島ぐるみ会議」の共同代表は20日、名護市辺野古での新基地建設着工を受け県庁記者クラブで会見し、工事の中止を求める抗議声明を発表した。23日午後2時にキャンプ・シュワブゲート前で開催する集会への参加も呼びかけた。

 声明は「辺野古基地建設は名護市民、沖縄の民意を踏みにじる不当で不正なもので、適正手続きを経ていない不法なものだと断言し、ただちに工事を中止するよう要求する」としている。首相、外務・防衛両相、海上保安庁長官などへの提出を検討する。