沖縄物産卸のゆいまーる沖縄(浦添市、鈴木修司社長)は20日から宜野湾市大山のギャラリーショップkufuuで、同社が企画した沖縄工芸品のオリジナルブランド展示会を開いている。24日まで。伝統的な工芸品を現代の視点でデザインした約100点が展示され、来場者の目を楽しませている。

ゆいまーる沖縄のオリジナルブランド展示会=20日、宜野湾市・kufuu

 同社は、おもてなしをテーマにした「nife(ニーフェ)」、健やかな暮らしを応援する「serumama(セルママ)」、今帰仁村伊豆味の琉球藍の藍染めにこだわった「aimun(アイムン)」の3ブランドを展開。琉球ガラスや絣、焼き物、紅型などがある。

 鈴木代表は「日常を少し特別にしてくれるアイテムをそろえた。工芸品との出合いを楽しんでほしい」と来場を呼び掛けた。

 入場無料。問い合わせは同社、電話098(870)1363。