守備の要・砂川修がバットでチームをもり立てた。第2打席から3打席連続安打を放ち、「引きつけてセンターから逆方向に打つことを意識した。満足している」と頬を緩めた。 2年春から甲子園の舞台を経験する遊撃手が、初戦から2試合連続で守りのミスをした。