【名護】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、沖縄防衛局は20日、キャンプ・シュワブの沖合に置いたボーリング調査用のスパット台船2基で作業を続けた。この日も、新たな台船の設置はなかった。

海底にくいを打ち込み、ボーリング調査の準備を進める2基目のスパット台船=20日午前9時半、名護市辺野古沖

(31面に関連)

 一方、海上保安庁などの警備体制は前日同様緩やかで、沖合に停泊する巡視船も3隻のみ。抗議の船やカヌーに対し、一時8隻のゴムボートなどで対応する場面もあったが、大きなトラブルはなかった。

 キャンプ・シュワブのゲート前にも抗議の市民が多数集まり、「埋め立て用の資材は絶対搬入させない」などと訴え、工事車両の積み荷を監視した。