チーム一の俊足・中村将己が、初戦に続いて好機を演出した。出塁率8割の2番打者は「自分が何とかしなければと思って必死だった」と泥で汚れた頬を拭った。 初回、いきなり足でみせた。1番赤嶺謙が四球で出塁すると、初球のバントでボールの勢いを殺し、二松学舎の先発岸田康太の悪送球を誘って、チャンスを広げた。