男子団体決勝は普天間AがコザAを3-0のストレートで下した。第1シングルスの宮里州が勝利した後、個人シングルス王者の中村廉が2位の伊志嶺鷹啓(コザA)を退け、優勝に王手をかけた。 「第4、5シングルスにもつれると厳しい勝負になる。ここでしっかり決めよう」(中村)と臨んだダブルスの中村・喜納兼吾組。