沖縄防衛局の井上一徳局長は21日、着任会見を開き、米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古の新基地建設について、「一つ一つの作業を着実に実施したい」と強調し、抗議行動に対して「さまざまな意見に真摯(しんし)に耳を傾け、われわれの考え方を理解してもらえるべく、進めたい」と述べた。

井上一徳氏

 「理解を得られるまで中断する考えはないか」という質問には「普天間飛行場の危険性除去が原点。一日も早い移設に向けて一つ一つの作業を安全かつ着実に進めたい」と繰り返した。

 埋め立て工事の作業ヤードとなる辺野古漁港の使用で、管理者の名護市から許可が出ていないことに、井上局長は「事業の目的を理解してもらい、なるべく早く、許可を得られればと思っている」と語り、協議を継続する考えを示した。計画変更の可能性には「(市の許可を得る)努力を傾注している最中」と語った。

 地元の辺野古区への補償では「要請の具体的な内容は、相手方との関係から答えを差し控えている。負担を掛ける地元の皆さんに、できる限り答えられるよう、できる限りの地域振興策を講じたい」と話した。