【甲子園取材班】第96回全国高校野球選手権大会第12日は22日、甲子園球場で準々決勝が行われ、第1試合で沖縄尚学は三重に3―9で敗れ、同校初の夏4強進出を逃した。

三重―沖縄尚学 4回裏沖尚一死、安里健が左越えに本塁打を放つ=甲子園

 3点を先制された沖尚は四回に安里健の左越えソロ本塁打、砂川修の犠飛で2点を返したが、直後の五回に三重の4番・西岡武蔵のソロ本塁打を皮切りに一挙5点を奪われて突き放された。

 沖尚先発の山城大智は5回8失点で降板した。