「琉球のライアン」と呼ばれ、プロも注目した沖縄尚学のエース山城大智の高校最後の夏が終わった。大会前「甲子園の主役になりたい」と胸を張ったが、夢はかなわなかった。 敗退した舞台は、センバツと同じ準々決勝。「序盤の大量失点が響いた。相手の方が上だった」と、さばさばとした表情で話した。