憧れの甲子園で、念願の初本塁打を放った4番安里健だったが、準々決勝敗退が決まると「サードの守備で足を引っ張ってしまった」とガックリと肩を落とした。 3点を追う四回の第2打席。「自分のバットで何とかしたかった」と主砲の意地をみせ、高めに浮いた直球を見逃さず強振し、レフトにソロアーチを放った。