沖縄尚学の主将・赤嶺謙は6点を追う九回裏2死一塁で、一塁ゴロに倒れ、最後の打者となった。春のセンバツでも最終打者だった。「最後、みんながつないでくれたのに、1本出せなくて悔しい。打ちたかった」と目を赤く染めた。 甲子園では精彩を欠いた。