「どんな形でもゼロで抑える気持ちだった」。センバツでは継投して失点した苦い経験がある久保柊人が、言葉通りに六-八回をピシャリと締めた。 6点をリードされて2番手で登板。毎回安打を浴びて得点圏に走者を背負ったが、狙い通りに後続を変化球を打たせて取った。