米軍普天間飛行場返還問題で政府による名護市辺野古の海上作業開始に対し、新基地建設中止を求める「みんなでいこう辺野古へ。止めよう新基地建設!8・23県民大行動」が23日午後2時から、キャンプ・シュワブの第1ゲート前で開かれ、約3600人(主催者発表)が参加した。

新基地建設に抗議し、こぶしを突き上げる集会参加者=23日午後3時2分、名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前

 集会では呼び掛け人の国会議員や市民団体の代表、稲嶺進名護市長らが次々とマイクを握り、政府の対応を、民意を無視した問答無用の強行姿勢などと厳しく批判した。

 「止めよう新基地建設! 命育む美ら海を守り抜く」と題したアピール文も採択。シュプレヒコールで新基地建設に抗議する決意をこぶしに込めた。