「でーじ(とても)、楽しー!沖縄。」をテーマにした沖縄県フェアが21日から5日間、日本最大級のショッピングセンター「イオンレイクタウンmori」(埼玉県越谷市)で開かれている。

埼玉県のイオンレイクタウンmoriで開かれている「沖縄県フェア」をPRする記念セレモニー=23日、埼玉県越谷市内(同社提供)

 23日、同ショッピングセンター内で記念セレモニーが開かれ、沖縄から県の下地明和商工労働部長、県酒造組合の玉那覇美佐子会長、ミス沖縄らが参加。下地部長は「今回のフェアをきっかけに、多くの方々に沖縄に足を運んでいただき、沖縄の自然や文化に直接触れていただけることを願っています」とあいさつした。

 フェアでは、県産マグロや美ら島あぐー、ゴーヤー、海ぶどう、石垣島のラー油など約300品目の沖縄の「旬」の食材を販売。美ら海水族館の世界を体感できる「3Dアクアリウムシアター」や沖縄の伝統食、最新グルメなどが楽しめる屋台、エイサーの野外ステージなどを設置。観光PRコーナーもあり、多彩な企画で沖縄の魅力を紹介している。